新元号「令和」ゆかりの天満宮参拝

2019-05-02

新元号にゆかりの天満宮へスタッフ一同で
新年度開始にあたり祈願参拝してまいりました。

太宰府天満宮

新元号「令和」は、太宰府の地で行われた「梅花の宴」を記した『万葉集』に収められた「梅花の歌」32首の序文にある

初春の令月にして

気淑く風和ぎ

梅は鏡前の粉を披き

蘭は珮後の香を薫ず

から、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められた元号となりました。

この「梅花の宴」を主催した大伴旅人は、太宰府の役所が管轄した西海道の官人たちを招き、この宴を開いたそうです。

坂本天満宮

令和の始まり。
ご参拝、いかがでしょうか。

太宰府政庁跡、万葉歌碑など追って「OFP合同勉強会&社員旅行)でご紹介しますね♪

 

by Yamada

ファイナンシャルプランナーとは?

スタッフ紹介

お客様の声

お問合せ&お申込み

社長ときめきインタビュー

facebook

教育資金プラン

無料家計診断

友だち追加

ISMS認証