「積立投資のすすめ その26」 おひとり様の財産管理 

2020-08-16

異常な暑さで思考能力が低下しそうですね。

暑さでバテ気味な濱尾です。

 

お盆で家族とゆっくりと過ごされた方も多いと思います。

 

しかし最近は身内が少なく

一人で生活をされている方が増えて来ているようです。

 

厚生労働省「国民生活基礎調査2019年」によると

65歳以上の人がいる世帯で単独世帯が占める割合は

28.8%と過去最高を記録。

1989年の14.8%から約2倍に増加。

 

おひとり様が増えて来ると財産管理が問題となって来ますね。

 

おひとり様の不安としては

・死後事務

・遺品整理が特に多く

次いで

・金融機関への連絡

・不動産管理

・葬式

・相続と続くようです。

 

こういった事を解消する方法としては

司法書士、行政書士に事前に相談して依頼をして

自身が認知症になった時の為に身元保証や

定期的な連絡をして貰う見守りや、

任意後見制度を結んでおくといいでしょう。

 

さらに自身に万一がおこった場合に備えては

死後事務、遺言執行を専門家に依頼しておくと

言った事が考えられます。

 

必要な費用は様々になると思いますが

安心には代えられないかもしれません。

 

いずれにしても、おひとり様になった場合には

身内や周りの方に心配や迷惑を掛けない為にも

事前に専門家やFPなどに相談して対策をしておきたいものです。

 

弊社もこういった相談を行っていますので

お気軽に連絡してみてください!

 

By:濱尾

 

ファイナンシャルプランナーとは?

スタッフ紹介

お客様の声

セミナー・イベント申込み

お問合せ

社長ときめきインタビュー

facebook

教育資金プラン

無料家計診断

友だち追加

ISMS認証