がんは他人ごとではありません

2020-01-21

みなさんは健康診断には行ってますか?

今回は、がんのことでお話ししたいと思います。

以前に比べてがんに罹患する人は増えてきています。食生活の変化や、運動不足や睡眠不足など日常生活に気を付けなければいけません。

では、がんに関するデータを見ていきましょう。

がんの罹患率は上昇していますが、死亡率は減少しています。

「がん=死」ではなくなってきたことがわかります。

では、それぞれの部位によるがんの特徴を見てみましょう。

がん罹患は、生活習慣が原因とは限らないこともあります。

本当に恐い病気だと思います。

さらに、がんは根治術をしても肉眼では見えないレベルのがん細胞が残っていた時に、再発をすることがあります。

再発率は臓器・病期・治療内容によって異なります。

がんには、再発・転移などの心配もあり、ご本人やご家族の心情は計り知れません。

では、がんに罹患した場合の治療方法にはどんなものがあるか見ていきたいと思います。

がんの三大治療は、手術・放射線治療・抗がん剤治療と言われています。多くのがん患者ががんの三大治療を受けています。

がん治療の基本である手術・放射線治療・抗がん剤治療などの複数の治療法を組み合わせ、より良い「集学的治療」が行われるようになってきています。

では、ホルモン剤治療とはどんな治療でしょうか?

がんの種類によっては、特定のホルモンによって増殖が促進されることがあり、そのホルモンと反対の作用を持つホルモン(例えば女性ホルモンに対する男性ホルモンなど)を作用させることで、がん病巣も縮小します。このしくみを利用してホルモン剤を点滴や静脈内注射、内服などで投与しがんの増殖を抑える治療法をホルモン剤治療といいます。

病期や部位などにより治療法が変わることがあります!

病期などに応じて三大治療などの治療法を単独で、あるいは組み合わせて行うことで最適な治療法が検討されています。

がんの治療法はさまざまですが、多くの方が三大治療などを組み合わせた治療を受けています。手術以外のそなえも検討しないといけませんね。

いかがでしたか?

がんは本当になると大変ですね。「私はがん家系じゃないから。」ということもないように思います。みなさまはがんの備えは大丈夫でしょうか?

まだです。という方は、がんの備えを検討してみてください。

がんの備えもさまざまです。今の治療方法にそったがん保険を選びたいですね。

 

杉本でした。

ファイナンシャルプランナーとは?

スタッフ紹介

お客様の声

セミナー・イベント申込み

お問合せ

社長ときめきインタビュー

facebook

教育資金プラン

無料家計診断

友だち追加

ISMS認証